Life 社会・経済

法治国家、独裁国家、情治国家の違いと法律について

スポンサーリンク

こんにちは!

今回もセミナーで教養について学んだので、内容を共有したいと思います。

今回のテーマは「法治国家、独裁国家、情治国家の違いと法律について」です。

法治国家、独裁国家、情治国家の違い

日本の主導者の代表である国会議員が法律を決めます。

法治国家とは?

法律によって、その権力を拘束されている国家。

全国民は法律に従わなければなりません。

例)日本、アメリカ、欧州諸国など

独裁国家(人治国家)とは?

一個人や一党派が政治権力を独占する国家。

例)中国、北朝鮮など

情治国家

世論感情によって政策が左右される国家のこと。

例)韓国

日本国憲法について

日本国憲法草案を作成したのはアメリカ人(GHQ)で費やした時間はなんと6日

そのため、日本国憲法には想定外の事態に対応できておらず、漏れがあるようです。

「日本国憲法 一部抜粋」
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼して、我らの安全と生存を保持しようと決意した

各国にあるのは自国の国益の追求のみということです。

国際社会では、相手の国のためにという思いで外交すると、飲み込まれてしまう可能性がある

 

 

スポンサーリンク

-Life, 社会・経済

© 2021 エンジニア×ライフハック Powered by AFFINGER5