Hack Life

USB電源アダプター選びに失敗...差し込み口数だけで選ぶのは危険かも!?

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

今回はUSB電源アダプター選びに失敗し、USB接続のモニターが映らなかった経験から電源アダプター選びの注意点をお伝えできればと思います。

※あくまで一つの注意点になります。

スマホ用USB充電コンセントアダプタ USB-A6ポート(おまかせ充電) 電源ケーブル1.5m MPA-ACD03WH ホワイト エレコム ELECOM 通販 | ビックカメラ.com

提供:エレコム

USB電源アダプター選びは口数だけじゃなく、合計アンペアにも注意すべし

USB電源アダプターには製品やパッケージの裏面などに「合計●●A(アンペア)」という記載を見たことあるんじゃないでしょうか?

この合計アンペア数が多いほど、同時に多くの電流を供給することができます。

 

例えば、合計2.1AのUSB電源アダプターで差込口が2つのあるとします。

その場合、2台のスマホを同時に充電したとすると、各々には約1Aずつまでしか電流が供給されません。
※USBケーブルによっても「最大の●●A」の制限があるため、この限りではありません。

 

ここで、格安のUSB電源アダプターの場合、注意が必要です。

amazonなどで売っている格安のUSB電源アダプターですと、2個口の合計1Aの商品があったりします。

iPhone1台の充電で1A必要とするのに、2台充電すると通常より充電速度がかなり低下してしまいます。。

 

また、僕の経験ではこんな失敗もありました。

電源がUSB接続のモニターで最低2A必要とするのに1Aの電源アダプターを購入してしまい、全くモニターが映らないといった悲惨なことに。。

 

最後に

USB電源アダプターを購入する際には合計アンペア数も気にしてみてください。

家電量販店で売られているのは「差し込み口が2つ、合計2.1A」「差し込み口が3つ、合計2.4A」あたりが多い印象です。

amazonでみると、「差し込み口2つ!1000円!」といったPR文が目に入るかもしれませんが、「合計●●A」の表記にも注視してみてください

みなさんの無駄な支出を減らせますように。

 

 

 

スポンサーリンク

-Hack, Life

© 2021 エンジニア×ライフハック Powered by AFFINGER5