Hack Life

【自分ルール仕組み化】自分ルールを忘れがちな人のために、忘れない仕組みを伝授します

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「自分ルールを忘れがちな人のために、忘れない仕組みを伝授します」についてお伝えしたいと思います。

今回お伝えする方法は筆者が行っている一例にすぎません。
こちらの方法をカスタマイズしたり、全く別の方法を考えるヒントになれば幸いです。

Evernote×Todoistで自分ルールを管理する

今回は有名なメモ管理アプリ「Evernote」とTodo管理ツール「Todoist」を使ってご説明します。
各アプリの基本的な使い方は公式サイトでご確認いただければと思います。

※Evernoteはnotion等、TodoistはiPhoneのリマインダーでも代替可能です。

大まかな流れは以下です。

①Evernoteで自分ルールのリストを作成する

②作成した自分ルールを公開し、URLを発行する

③URLをTodoistに埋め込む

④Todoistに日々のTodoを管理し、開かざるを得ない状況にする

①Evernoteで自分ルールのリストを作成する

まずはEvernoteでメモを作成します。
※基本的な使い方は割愛させてくださいm(__)m
※スクショはMacの画面ですが、windowsやスマホでも同様の操作が可能だと思います。

例として、「仕事でチェックリスト意識すること」を作成してみました!

②作成した自分ルールを公開し、URLを発行する

作成したら、次に右上の「共有」→「共有用リンク」の順にクリックして、URLを発行します。
発行したURLはメモ等に控えておいてください。
他の人に見られたくない場合は、閲覧制限をかけることを推奨します。

③URLをTodoistに埋め込む

次はTodoistでの作業です。

Todoistを開いたら、タスクを作成します。

この時に[タイトル](URL)のように記述することでリンクになり、Todoist→Evernoteに飛ぶことができます。

URLには先程Evernoteで発行したURLを記述します。

④Todoistに日々のTodoを管理し、開かざるを得ない状況にする

設定が終わったので、あとはTodoistで日々のタスクを管理するようにして、Todoistを開く生活にシます。

Todoistを開かなければ本末転倒なので、手帳と同じようなレベルまで引き上げる必要があると思います。

以下のようなイメージです。

↑自分ルールを優先度Maxにして、優先度順で並び替えました。

PCやスマホから「仕事で意識すること」をクリックすると、以下の画面が開きます。

 

以上、自分ルールをweb上で管理する方法でした。
何かの参考になれば幸いです。

ありがとうございました〜

スポンサーリンク

-Hack, Life

© 2022 エンジニア×ライフハック Powered by AFFINGER5