プログラミング モバイルアプリ

React Native × ExpoでpublishせずにQRコードを共有する方法

スポンサーリンク

こんにちは!

「React Native + Expo」環境での実機検証において、
QRコードを使って、複数ユーザー間で確認したい時があると思います。

「publishは認証が必要だったりと、面倒くさい」「expo startですぐに確認したい」という方のために別の方法を紹介します。

 

参照:Charles Deluvio

方法① 実機および開発PCで同一のネットワークに接続し、expo startを実行→QRコード読み取り

可能であれば、この方法が一番です。

なぜなら、このあと説明する方法に比べて、起動時間が短いからです。
(僕のネット環境では10秒くらい違いました)

しかし、ビルドしたPCとIPアドレスが異なると、`There was a problem running the requested app.`とエラーが出て、実機でアプリを開くことができません。

 


↑iPhone画面スクリーンショット↑

方法② expo startにオプション「--tunnel」をつけて実行する

expo startコマンドにはtunnelオプションがあります。

ポイント

オプション:`--tunnel`

オプションの機能:外部ネットワークから接続可能にする

書き方

// オプションをつけて実行
MacBookPro:reactnative-app home$ expo start --tunnel

 

これで実機からQRコードを読み込んで、起動します。

先ほどのエラーは表示されず、各実機でアプリをビルドできると思います。

QRコードをSlackなどのチャットツールで配布して、各メンバーに読み込んでもらえばスムーズではないでしょうか。

注意点として、console.logなどのメッセージはビルドしたPCに吐き出されるので、リモート開発だと大変です。。

お疲れ様でした!

スポンサーリンク

-プログラミング, モバイルアプリ
-

© 2020 エンジニア×モチベアップ Powered by AFFINGER5