プログラミング フロントエンド バックエンド

【Javascript】引数に何が含まれているか分からない時に確認する方法

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「Javascriptで引数に何が含まれているか分からない時に確認する方法」についてお伝えしたいと思います。

外部モジュールを使っていて、コールバック関数に何が入っているか確認したいと時ってありませんか?
そんなときに今回ご紹介する方法を活用いただけると思います。

Javascriptで引数はfunc = (...obj) => で全ての引数を確認できる

for...of を使ったオブジェクトのループ処理はこのような書き方になります。

const func = (...args) => console.log(args);
argsには配列で入ってきます。

以下に具体例を示します。

const func = (...args) => console.log(args);
func(
  'hoge',
  100,
  {name: '太郎'},
  [1, 2, 3],
); // [ 'hoge', 100, { name: '太郎' }, [1, 2, 3] ]

 
これで、コールバック関数などで引数に何が入ってくるかわからない問題は解決することが出来ると思います!

以上、お疲れさまでした〜🍵

 

スポンサーリンク

-プログラミング, フロントエンド, バックエンド
-

© 2022 エンジニア×ライフハック Powered by AFFINGER5