プログラミング フロントエンド バックエンド

【Javascript】約数の判定と約数の総和を求めたい

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「Javascriptで約数の判定と約数の総和を算出する方法」についてお伝えしたいと思います。

約数の判定とは整数Aは整数Nの約数であるかということです。

ちなみに約数とは

数学において、整数 N の約数(やくすう、英: divisor)とは、N を割り切る整数またはそれらの集合のことである

出典: Wikipedia 約数

整数Aは整数Nの約数であるかの判定

整数Aは整数Nの約数であるかの判定はif文を使えば簡単です。

const isDivisor = (numN, numA) => { // 前提としてnumN, numAは1以上の整数
  if (numN % numA === 0) {
    console.log('整数Aは整数Nの約数である');
  } else {
    console.log('整数Aは整数Nの約数ではない');
  }
}

isDivisor(10, 2); // 整数Aは整数Nの約数である
isDivisor(10, 3); // 整数Aは整数Nの約数ではない

 

約数の総和を算出

約数の総和を算出するにはfor文を使います。(他にも算出方法があるかもしれません)

const getSumDivisor = (numN) => {
  let sum = 0;
  for (let i = 1; i <= numN; i++) {
    if (numN % i === 0) {
        sum += i;
    }
  }
  return sum;
}
console.log(getSumDivisor(2)); // 3
console.log(getSumDivisor(6)); // 12

以上、お疲れさまでした〜🍵

スポンサーリンク

-プログラミング, フロントエンド, バックエンド
-

© 2022 エンジニア×ライフハック Powered by AFFINGER5