プログラミング バックエンド

【Javascript】サイコロ3つの和の組み合わせのアルゴリズム

スポンサーリンク

こんにちは!

今回は「Javascriptにおける、サイコロ3つの和の組み合わせのアルゴリズム」についてお伝えしたいと思います。

【おさらい】サイコロ3つの和の確率(組み合わせ)の算出方法

「そんなこと知っとるわ!」という方は飛ばしちゃってください。

忘れてしまったという方にざっくりと算出方法をお伝えします。

確率の算出方法

①ある事象Aが起こりうる場合の数を調べる

②すべての事象が起こりうる場合の数を調べる

③確率の公式で算出する
確率=(ある事象Aが起こりうる場合の数) / (すべての事象が起こりうる場合の数)

例えば、サイコロ3つの和が1の確率を算出したいとします。

①は
サイコロAの目:1
サイコロBの目:1
サイコロCの目:1
の1通り

②は
サイコロの目6通り×3個なので、
6 × 6 × 6 = 216通り

③は
確率 = 1 / 216(≒0.4629%)

こちらの記事がわかりやすく解説されていたので、よかったら見てみてください。

Javascriptでサイコロ3つの和の組み合わせのアルゴリズムを作る

どのように出力した以下によって、書き方も変わってきますが、今回は配列で出力してみたいと思います。

const createArr = (sum) => {
  const arr = [];
  for (let i=1; i<=6; i++) {
    for (let j=1; j<=6; j++) {
      for (let k=1; k<=6; k++) {
        if ((i + j + k) === sum) {
          arr.push([i, j, k]);
        }
      }
    }
  }
  return arr;
};

// 和が6のときの組み合わせをコンソールに出力
console.log(createArr(6));

// 和が10のときの組み合わせをコンソールに出力
console.log(createArr(10));

以上、お疲れさまでしたー🍵

スポンサーリンク

-プログラミング, バックエンド
-

© 2021 エンジニア×ライフハック Powered by AFFINGER5