正しい情報とは何か?

こんにちは!今回は「正しい情報とは何か?」について考えてみました。

これは一個人の見解であり、ご意見、批判受け付けています。

答えがない問いのため、皆さんの中で、何か気づきが得られたら幸いです。

情報が溢れかえった現代、その情報は本当に正しい?

前提として、正しい情報が多いとは思いますが、一部は事実と異なる内容で発信されていることに違和感を覚えています。

✔︎大手新聞の結論ありきの取材。

✔︎メディタの視聴率目的で必要以上に編集された番組。

✔︎インフルエンサーのポジショニングトーク。

✔︎グルメ系口コミサイトの評判と実態。

メディアの言うことを丸々信じた結果、あとになって「おかしくない?」と気づいた経験はありませんか?

新聞、メディア、口コミサイトなどは2次情報と言われています。

反対にツイッターやファイスブックなど、生の声は1次情報と言われています。

正しい情報を見極めるためにどうしたらいいか考えてみました。

正しい情報を見極めているために何を気をつける?

情報の出所に注目する

皆さんは情報をみる際に「誰が書いているのか?」「誰が提供しているデータなのか?」チェックしていますか?

このブログにもプロフィールは貼らせていただいております。これ見てもおそらく「信用できねえ」と思う方が大半でしょう(笑)
なので、なるべく情報源を明示するようにはしたいと思います。
ただ、このブログの目的は答えではなく、気づきを提供することを目的としておりますので、その点はご了承ください。

情報元が国なのか、個人の意見なのかだと全然違いますよね。

Youtubeなんかは情報の出所がわからない場合が多いので、個人の意見を事実と話している可能性もあります。

情報発信側のメリットを考える

言い換えると「その情報を発信することで誰が得するのか?」ということです。

例1:マーケティング会社がwebサイト

あるマーケティング会社のHPでweb集客の記事を投稿していたとします。
マーケティング会社はボランティアで記事を投稿しているわけじゃありませんよね?
(おそらくですが)目的はマーケティング関連の売り上げにつなげる(マーケティング会社が得をする)ためです。
発信することで読者から「マーケティングに知見がある会社なんだな」と信用が得られ、問い合わせが増えることが期待できます。
そのため、SEO対策は不要!なんてことは絶対に言えないはずです。

例2:コロナニュース関連の記事

コロナウイルス関連のニュースで「東京の吉祥寺や巣鴨の商店街が賑わっている」と報道されたのを覚えていますか?
写真を加工してまで混雑している状況を伝えようとしていましたね。

「なんの意味があるのか?」「誰得なのか?」

あくまで僕の予想(他の人の意見も参考)になりますが、得をするのは政府だと思っています。

政府がマスコミにリークして、「自粛を無視して外出している人がいる」と煽るようなニュースを打ち出す。
そして、ニュースを見た国民が外出している人を批判する。または自粛警察のような人を現れたりする。

海外のようなロックダウンができない以上、こうして国民同士で自粛を求めるようにする。また、世間の注目を「自粛しない人への批判」に注目させようとしているのではないかと考えます。

まとめ

今回は正しい情報について、いくつかの視点をお伝えしました。
冒頭にも書かせていただきましたが、こちらは一つの視点です。
明確な答えはないと思っておりますし、反論がある方もいらっしゃると思います。その場合はコメントまでぜひお願いします!(笑)
また、考えがブラッシュアップされたら、更新するかもしれませんので、ご了承ください。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA